Excel vbaでチェックボックスの位置を設定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

チェックボックスの位置をVBAで調整させます!

完成イメージ


以下手順
1, チェックボックスを選択
「開発」→「挿入」→「チェックボックス」(フォームコントロール)

2,任意の位置にチェックボックスを作成

3.VBE画面を起動
・Altキーを押しながら[F11]キーを押します。
・ソースを記載する場所はSheet1(Sheet1)を選択
・オブジェクトをWorksheet、プロシージャをSelectionChange

4,ソース記載


Option Explicit
Private Sub Worksheet_SelectionChange(ByVal Target As Range)
 CheckBoxes(1).Left = Range(Cells(1, 1).Address).Left
 CheckBoxes(1).Top = Range(Cells(1, 1).Address).Top
End Sub


手順は以上です。

プロパティ解説

Worksheet_SelectionChange
シート上でセルを動かすたびにソースに記載した処理がはしります。

CheckBoxes(1).Left
チェックボックス1の列の位置
CheckBoxes(1).Top
チェックボックス1の行の位置

Range(Cells(1, 1).Address).Left
列の位置はA1セル  Range(“A1”).LeftでもOK
Range(Cells(1, 1).Address).Top
行の位置はA1セル  Range(“A1”),TopでもOK

※Cells(1, 1).AddressはRange(“A1”)と同じ意味

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*